「体毛を薄くするにはどうすればいいの?」 そのように悩む方が少なくありません。

体毛は個人差があり、濃い人もいれば、まったく処理していないのにも関わらず薄い人もいます。

ただこれは、遺伝的な要素だけではなく、ムダ毛の処理方法や生活リズムの乱れ、ストレスなどとも深い関係があります。

ここでは、体毛を薄くする方法について詳しくお伝えしております。

ぜひ気になる人はしっかりと読んでみて、自分にあった方法に取り組んでみてください。

体毛を薄くする方法ってどれがいい?効果的なムダ毛の処理方法はこれ!

  • 脱毛
  • 除毛
  • 抑毛

体毛を薄くする方法は、大きく分けると上記3つの方法があります。

それぞれに特徴がありますので、体毛に気になる方は自分自身にあった方法を見つけて取り組んでいくといいでしょう。

脱毛

メモ体毛を薄くする方法で、光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛、ニードル脱毛といった脱毛機器を活用して体毛を薄くすることができます。

また近年では家庭用脱毛器が家電量販店などで販売されており、自宅でも脱毛に取り組むことができるようになっています。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うことによって脱毛に取り組むことができます。

半永久的な脱毛にも取り組むことができますので、体毛を薄くしたいのであれば効果的な方法であると言えるでしょう。

除毛

メモ除毛とは、多くの人が取り組んでいる方法で、電気シェーバーやカミソリ、ハサミ、毛抜きなどを活用した方法はすべて除毛になります。

また最近では除毛クリームを活用した方法に取り組む人も増えてきています。

除毛クリームとは、特殊な成分が含まれているクリームのことで、体毛を溶かしたり、抜けやすくなる特徴があります。

満足度の高い除毛クリームがドラッグストアやアマゾンなどの通販などにおいて安価に販売されています。

手軽に取り組める方法ではありますが手間になるために、毛深い人や気になる人の中には、脱毛を検討する人も少なくありません。

抑毛

メモ抑毛とは、抑毛ローションや抑毛クリームを活用した方法で、体毛が生えるのを遅らせることができます。

脱毛や除毛のように毛を取り除くことができる方法ではありませんが、カミソリや電気シェーバーなどで処理をしたあとに使用しておくことで、処理する手間を少なくすることができます。

塗っておくだけですので、除毛と一緒に取り組む人が多くなっています。

脱毛で体毛を薄くするにはどの方法がいいの?

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

脱毛に取り組んでおけば、効果的に体毛を薄くすることができますが、その方法には上記の3種類が存在します。

どのような特徴があるのか、脱毛方法についてご紹介していきましょう。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛サロン 人気の全身脱毛コース
銀座カラー ■全身脱毛6回(顔・VIO含む24か所)

総額:93,000円(割引キャンペーン適用後)

月額:3,000円(税抜)

ストラッシュ ■全身脱毛6回パック

総額:95,760円(税抜)

脱毛サロンでは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法で脱毛に取り組んでいます。

光脱毛とは、熱照射によって毛根にあるメラニンにダメージを与え、ムダ毛を少しずつ減らしていく方法のことをいいます。

光脱毛には「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」などがあり、太い毛に作用しやすいもの、産毛に作用しやすいもの、痛みを感じにくいものなど、さまざまな特徴があります。

その中でも多くの脱毛サロンで採用されているポピュラーな脱毛方法として、「IPL脱毛」をあげることができます。

メラニン色素に反応させてダメージを与え、太く濃い毛には反応しやすい特徴を持っています。

IPL脱毛の方法で注目されている脱毛サロンは「銀座カラー」「ストラッシュ」があります。

レーザー脱毛

医療脱毛クリニック 人気の全身脱毛コース
レジーナクリニック ■全身脱毛コース顔なし・VIOなし(5回)

189,000円 (月額6,300円)

■全身脱毛ゴールドコース全身+VIO(5回)

273,000円(月額9,200円)

■全身脱毛プラチナコース全身+顔+VIO(5回)

369,000円

レーザー脱毛は、医療脱毛クリニックで取り組まれている脱毛方法で、効果が高く満足度も高い脱毛方法あるために注目されています。

医療脱毛クリニックは医療機関であり、レーザー脱毛は医療機関だけに認められている脱毛方法になります。

レーザー照射を行い、毛根のメラニンにダメージを与える脱毛方法であり、脱毛サロンの光脱毛よりも照射能力が高いとされています。

ただその反面で照射時に痛みを感じるといったデメリットも存在します。

人気になっている医療脱毛クリニックは『レジーナクリニック』であり、満足度も高いために注目されています。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は針脱毛とも呼ばれており、微弱な電流を針に流し、毛根に差し込むことによって脱毛するという方法になります。

一本一本脱毛していく方法ですから、脱毛に漏れはなく、確実に脱毛できる方法だと言われています。

デザイン脱毛に取り組みたい場合においては、有効な方法であると言えるでしょう。

ただしかなり痛みを伴う方法であり、脱毛部位が広い場合には、すべて脱毛が終わるまでにある程度の期間が必要となります。

手軽に取り組める体毛を薄くする4つの方法

  • カミソリ・電気シェーバー・毛抜き
  • 除毛クリーム・脱毛ワックス
  • 抑毛ローション
  • 家庭用脱毛器

手軽に取り組める体毛を薄くする方法には、この4つの方法があります。

安価に取り組めるものから、本格的な脱毛に取り組む方法までさまざまなものがありますから、自分にあった方法を選ぶといいでしょう。

カミソリ・電気シェーバー・毛抜き

カミソリ・電気シェーバー・毛抜きといった方法は、もっとも多くの人が取り組むものではないでしょうか。

手軽に取り組め、しかも安価で物品をそろえることができるのがメリットであると言えるでしょう。

ただ肌へ負担をかけることになりますから、肌を傷つけてしまうようなことがあります。

そのため、取り組んだ後は、必ず保湿などケアをしておく必要があります。

また、長く続けていることで、肌が黒ずんでくることもあります。

除毛クリーム・脱毛ワックス

除毛クリームは、体毛に含まれているたんぱく質を分解して、ムダ毛を取り除いたり、薄くしていく方法です。

カミソリや電気シェーバーよりも、取り組む頻度が少なくて済み、安価で販売されていることから、取り組む人が多くなっています。

脱毛ワックスは、体毛にワックスを塗り込んで、専用のシートを肌の上から貼って、勢いよく剥がして毛を抜くという方法です。

かなり綺麗になると評判になっていますが、剥がす際に痛みが生じるデメリットがあります。

抑毛ローション

抑毛ローションは、体毛の生えるスピードを遅らせるためのもので、脱毛したり、抑毛したりできるものではありません。

ただ、塗り込んでおくことで、体毛が生えにくくなるために、カミソリや脱毛ワックスなどに取り組んだ後に塗り込んでおけば、お手入れの頻度を少なくすることができます。

肌に優しいものも多いので、安心して活用することができるでしょう。

ただし、太いムダ毛には思うような効果が表れないこともありますので、ほかのお手入れの方法と併用して行うことがいいでしょう。

家庭用脱毛器

家電量販店などで人気になっているのが、家庭用脱毛器です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックと同じ方法で脱毛することができ、毛根にダメージを与えることができることから、繰り返し取り組むことで体毛を薄くすることができます。

いったん購入すれば、手軽に取り組むことができますので、人気の方法となっています。

ただ、脱毛器自体が数万円程度となっており、コスト面で足踏みする方は多く、しかも脱毛サロンや医療脱毛クリニックの脱毛に比べると効果は弱いと言わざるを得ないでしょう。

なぜ体毛は濃くなるの?体毛を薄くする生活習慣ってある?

「なぜ体毛は濃くなってしまうの?」

そのように悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

また「体毛を薄くする方法はある?」と考えている人も少なくないでしょう。

ここではどのようなことに取り組めばいいのかお伝えしていきます。

ホルモンバランスを整える

女性の場合であれば、ホルモンバランスが体毛に大きな影響を与えていると考えられています。

体毛を薄くするには、女性ホルモンを十分に分泌させる必要があります。

女性ホルモンにはエストロゲン・プロゲステロンがありますが、生活習慣が乱れたり、ストレスが積み重なってしまうと。十分に女性ホルモンを分泌させることができなくなってしまいます。

またそのような場合には、体毛を濃くしてしまう男性ホルモンであるテストステロンを分泌させてしまい、さらに体毛が濃くなる原因となってしまうのです。

もし現在、生活リズムが乱れており、体毛が気になっているということであれば、まずは規則正しい生活を営むようにしてみましょう。

睡眠や食事など生活習慣を整える

上記にもお伝えした通り、生活リズムは女性ホルモンや男性ホルモンの分泌に大きな影響を与えることになります。

生活リズムの中で重要になるのは、睡眠をしっかりと取ることと、健康的な食事を摂ることです。

メモ睡眠については、7時間程度の睡眠時間を確保することが大事であり、睡眠時間だけではなく睡眠の質も重要になります。

夜更かしをして、起床時間の遅い生活をしていると、生活リズムが崩れてきますし、夜中にスマートフォンを見続けるような場合であれば、ブルーライトによって良質な睡眠を妨げます。

食事については、女性ホルモンを活発にさせる大豆(イソフラボン)がいいと言われていますが、それだけではなく野菜や魚、肉などバランスよく摂るように心がけましょう。

また食事時間も毎日ある程度、一定時間に摂るようにして、生活リズムを崩さないように工夫することが大事です。

ストレスを解消する

ストレスが蓄積してしまうことによって、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまうことがあります。

どうしても仕事や人間関係のストレスはあると思いますが、うまく解消する方法を自分なりに見つけておくことが大事です。

またウォーキングやジョギング、スイミングなど、適度に運動することによって心身に蓄積したストレスを解消させることができ、同時に良好な睡眠などに繋げることもできるのでおすすめです。

喫煙の習慣は、ホルモンバランスを崩し、肌の調子も悪くなってしまいますから、体毛が目立ってしまう原因になってしまいますから注意しましょう。

紫外線対策をする

紫外線対策は、お肌を守りためにとても重要です。

女性であれば、日焼けしたくないという理由で紫外線対策に取り組んでいる方は多いですが、紫外線は肌に刺激を与えてハリや弾力まで破壊してしまう原因となってしまいます。

そのため、紫外線に当たっていると、皮膚を守ろうとして体毛が濃くなってくるのです。

また紫外線は夏場だけではなく、どのような季節においても降り注いでいるものです。

そのため、季節に関わらず紫外線対策をしておくことは、体毛を濃くしないためにも重要なことなのです。

親の遺伝で体毛は濃くなるの?

体毛は親からの遺伝によって受け継いでしまう要素があります。

両親は毛深い場合においては、遺伝によって毛深くなってしまうこともあります。

ただし両親が毛深いからと言って、必ずしも遺伝するわけではありません。

多くの場合には、先ほどから申し上げているような、生活習慣の乱れやストレスなどが関連していることが考えられるのです。

そのため遺伝だと諦めるのではなく、まず自身で取り組める対策をはじめておくようにしましょう。

まとめ

体毛を薄くする方法や濃くなってしまうメカニズムについて詳しくお伝えしました。

体毛で悩む方は少なくありません。

体毛には個人差がありますが、それらすべてが遺伝的な要素だけではありません。

自身にあったムダ毛の処理方法に取り組み、生活リズムの乱れ、ストレスなどを解消するようにしましょう。

それでも体毛が気になるという方は、ぜひ脱毛に取り組んでみてください。

ここではおすすめの脱毛サロンや医療脱毛クリニックもお伝えしています。

体毛の気になる方はしっかりと読みかえしてみて、自分にあった方法に取り組んでみてください。

脱毛に関する人気記事一覧

白髪は脱毛できない?白髪脱毛の方法はどれがいい?クリニック・サロン選びの方法をご紹介

医療脱毛で顔・vio含む全身脱毛の安い医療脱毛クリニックは?料金を徹底比較

中学生は脱毛サロンに通える?通っている人はいるの?おすすめの脱毛の方法は?

ジェントルマックスプロの特徴を徹底解説!利用できる医療脱毛クリニックはどこ?

全身脱毛にかかる費用は?人気の脱毛クリニック・サロンそれぞれ5社から相場を解説!

脱毛サロンの選び方は自分のニーズに合うかが重要!確認必須の比較ポイントを解説

医療脱毛をキャンペーンで安く受けたい!おすすめの医療脱毛クリニック7選

投稿日:

Copyright© 体毛を薄くする方法ってどれがいい?効果的なムダ毛の処理方法はこれ! , 2020 All Rights Reserved.